【勝手にレビュー「カスタムビートバトル ドラグレイド2」編】
勝手にレビューとは、その名の通り管理人が所持しているDSゲームを勝手にレビューしている記事です、参考度はフ○ミ通レベルです。

・カスタムビートバトルとは?

恐らくこのサイトを利用している方の半数が知っている事だと思うが
自分はこのゲームを日本中で五本の指に入るぐらいはプレイしたと断言できる。

その上で、このゲームの面白さと欠点について今回はレビューをする。


・直接的な操作と分かりやすいルール

このゲームを簡単に説明すると、一般的に言う「格闘ゲーム」である
ただし、このゲームには普通の格闘ゲームにはない機能が多く存在する


(1) 必殺技が100種類以上存在する
(2) 音+コンボを自分で作曲できる


まず、必殺技が100種類以上存在するという点について
ストリートファイターのように難しいコマンド入力で出すの?」と思う人が居るかもしれないが
このゲームの場合はDSの下画面にあらかじめセットした
バレット(必殺技)を
三種類の簡単なコマンドによって出すだけなので、初心者でも簡単に出すことが出来る。

次に、音+コンボを自分で作曲できると言う点についてだが、これがこのゲームの醍醐味でもある。
詳しくはここで書いても分からないと思うので、右から公式サイトに飛んで見てみよう。


しかし、このゲームでもっとも評価したいのは、
簡単な操作と非常に分かりやすいルールである
このゲームの操作方法はいたって簡単で
Yで弱攻撃、Xで強攻撃、Bでジャンプ、十字キーで移動」というように
基本、これらを組み合わせるだけで戦えるので、初心者でも簡単にプレイする事が出来る

ルールも「
相手の体力を0にするか、90秒以内に多く体力があった方の勝利」と言った
単純明快な物なので、余計なことを考えずにプレイできるのも格闘ゲームとしては良い。


また、このゲームにはキャラの強弱はあるが
基本的にどのキャラを使っても勝てる上に、一般的に言うハメ技と言った物が存在しないため
例えどんなに強い相手でも研究をして腕を磨けば絶対に勝てるようになると言うのも大きなポイント。


・極めつけはWi-Fiにあり!

そしてこのゲーム最大の醍醐味が、もちろんWi-Fiでの対戦である。
Wi-Fiでは何度も同じ相手と戦うことができ、フレンドコードを交換すれば友達同士でも戦えるぞ



公式サイトはこちらから。






そりゃ五本の指にも入る

また、このゲームにはランキングと言ったものが存在しており、普通のゲームは負けてもポイントが入らないのでランキングの変動は無いが
このゲームは勝利するだけではなく、負けてもポイントが入って自分のランキングが上昇するので
一位を目指して日々バトルをするのもこのゲームを楽しむポイントだ。
(もちろん、勝利する方法がポイントが入りますが)



・対戦"ツール"としては優秀、対戦"ゲーム"としてはダメ

前述にも書いたとおり、このゲームは非常に対戦部分がよく出来ているので
同じレベルの相手を見つけてバトルをする事が出来れば白熱する事は間違いないだろう

しかし、このゲームの問題は対戦面ではなく、プレイヤーのモラルにある。
このゲームにはランキングが存在すると言ったが、同時にプレイヤーの名前と一緒に勝利した回数などを表示する
戦績システムが存在する
このシステムがある所為か、Wi-Fiでは故意に切断を行って戦績を不正に良い物にしたり
ビートコンボの名前欄(8文字)を利用して相手を罵るといった行為をする一部のユーザーの行為が後を絶たないでいる。

また、発売から一年以上経過している所為か、Wi-Fiに接続しているユーザー数も徐々に減ってきており
対戦をする環境としては2009年現在もまだ機能しているが、有名なゲームではないので時間が経つにつれて風化して行くのは間違いないだろう


なお、前述には書いていなかったが、このゲームには発売日から約3ヵ月後に開催される期間限定の大会が存在しており
続編が出た場合には恐らくまた開催されると思うので、興味を持った場合はぜひ続編であろう「3」を購入して欲しい。

ちなみにOPとEDを歌うのはデジモンやガッシュにドラゴンボールKaiの主題歌で有名な「
谷本貴義」で、熱い歌を聴くことが出来る(サントラも地味に発売中)
このゲームのジャンルは公式によると「音ゲー+格闘ゲー+RPG」なので、8時間ほどで終わるストーリーモードも存在するぞ
今なら中古ショップで1000円で買えるお店もあると思われるので、興味を持ったら君もレッツ、グラップ!

ちなみに、このゲームで一位に到達するには約1000時間は掛かるので、時間を無駄にしたくないなら気をつけて下さい。


トップページへ戻る

inserted by FC2 system