【カスタムビートバトル ドラグレイド2攻略 -ライオ-】
Wi-Fi等でのキャラごとの主な戦術を指南しております、この戦術によって弱体化する危険性もいがめませんので参考程度にどうぞ。

【個人的な考察】
ライオはストーリーモードで使用出来る主人公
それ故、Wi-Fiに接続しているすべての方が一度は操作しているキャラと言う事になります。

ストーリーモードで使用しているので操作に慣れている方が多く、Wi-Fiでの使用率も高いです。
そして何より弱点がほとんど無いグラッパーなので極めれば極めるほど強くなる、まさにプレイヤーの腕が反映される強いグラッパーです。


【基本攻撃→ビートコンボ】
ライオの基本攻撃は出が早い上にビートコンボにも早く繋げる事が出来ます、
対戦で基本攻撃からビートコンボへと繋げるのは
ビートドライヴを出す為の必須条件なので、かなり優秀です。
空中への攻撃も二段ヒットするので、相手が頭上に居ればタイミングを見計らってダメージを受ける事無く戦う事も可能です。


【ビートドライヴ】
ライオのビートドライヴは全体の攻撃が強化+連続ヒットする、
CPU戦ではほぼ敵なしの恐ろしい能力なのですが、対人戦では様々なバレットの能力によってどうしても避けられてしまう事が多いのです。
相手に確実に当てる事の出来る腕が無い限りは「ビートドライヴが発動すれば勝てる!」と思わない方がいいでしょう
(逆に攻撃が完全に当たれば一度で400以上削る事の出来る恐ろしい能力なのですが……)


【バレット】
ライオは基本攻撃が
メインになるので、牽制目的の意味で回復系のバレット(フォルヒール)を入れて置いた方がいいです。
回復系のバレットを使用するとほぼ確実に相手は回復させまいと近寄ってくるので、
相手がこちらの飛び込んできた瞬間に基本攻撃をヒットさせてビートコンボへと繋げましょう、
この戦法は非常に有効でどのキャラにも応用する事が出来ます、ダメージを与える事も出来る上に回復まで出来るのでまさに一石二鳥です。

また、他のバレットとしては攻撃力や防御力を増加するバレット(アタックアップ系)を入れておきましょう、
自分の身を雷の球体で覆うスパークメノスは必須として、後は設置系のバレットや相手の行動を制限するバレット(ダークスター)等を入れると良くなります。


【対策】
ライオに対応する為には強攻撃や空中攻撃からの隙を付く事が重要
ビートドライヴを出させても脅威ではない為、落ち着いて攻撃を当てて行くべし。

お勧めキャラクターは空中攻撃のリーチが長い「ヒビト」か「クロス」



<情報提供者様>
現在情報提供者は居ません

トップページへ戻る

カスタムビートバトル ドラグレイド攻略
inserted by FC2 system