【ボクタイサイエンス特別編4】
今回のボクタイサイエンス特別編は珍しくシリアス8割ギャグ2割でお送りいたします。

 Northern「さて、ついにボクタイサイエンス特別編も四回目………"4"と言う数字にはその名の通り死(し)と読む事ができ
           今回の特別編の製作にもつれ込むまでに企画倒れと言う名のいくつもの死臭がそりゃもう―――――――――――

 ジャンゴ「それ以上言うな―――――ッ!!!

 Northern「だって募集したのが2008年の11月後半なのに、コレ完成したの半年後なんですよ?
           その間に最初に応募した方々と何度打ち合わせした事か………
           互いの都合が合わなかったり新学期やらテストやらで、完成に至るまでがかなり大変で………
           しかも新しいサイエンスの方式を取り入れたら編集に二時間ぐらい掛かっちゃって
           そりゃもう社交辞令なしで愚痴りたくもなりますよ

 ジャンゴ「………あれ?そう言えば今回って今までみたいに全員で対話する方式じゃないの?」

 Northern「そうそう、今回は今までのような全員対話形式ではなく、個別で対話する方式に変わりました
           この方式だと全員が同じ日に集まって書く必要がなくなるので、スムーズに企画が進むんですよね
           これによって個人個人の意見のボリュームと自分の編集する量の多さが当社比3倍ほどアップしました

 ジャンゴ「そ、そりゃご苦労様でした………。」

 Northern「そんなワケで、今回は"
あなたの考えるボクタイ新作"で個別に語って貰っています
           順番にすべての作品を見てもいいし、下のリンクから見たい方の名前だけをクリックして飛んでも構わない
           むしろ見なくてもいい。

 ジャンゴ「それは本気でやめてね!!



「さぐさん作/真・ボクらの太陽」   「黒砂糖さん作/ボクらの太陽 -真-」   「カインさん作/最・ボクらの太陽」

「こうろやさん作/ボクらの太陽DS ―Die Sonne und die Dunkelheit―」    「つかささん作/ボクらの太陽〜夜明けの道〜」

「cillventさん作/ボクらの太陽 〜星の戦士たち〜」   「ひょろばさん作/ボクらの太陽〜もう一つの未来〜


「さぐさん作/真・ボクらの太陽」


 Northern「さて、最初はさぐさんとの対話です」

 さぐ「初めまして、さぐです。サイト等の運営はしておりません。
        さて、今回のお題は"
あなたの考えるボクタイの新作"ですが
        私の考えた新作はズバリ"原点回帰"ということでステルス性を高めた作品です」

 Northern「原点回帰と言うと、初代ボクタイの事ですね。
           具体的には某メタルなギアのような見つかっただけでヤバくなるような感じですかね?」

 さぐ「そうですね。
        私はボクタイの後にメタルギアを知ったのですが、メタルギアでステルスゲームの面白さに気づいたんです。
        その後のボクタイはアクション性が高くなり、ステルス性が薄れてしまったので
        ここでもう一度昔に戻って欲しいと思いまして
        しかしボクタイはメタルギアよりは子供向けだと思うので、見つかっただけで死ぬくらいだと難し過ぎだとは思います。
        やはり、難易度選択があるのが一番だと思いますね」

 Northern「自分はメタルギアをプレイした事がないので、"隠れて進む"ことの面白さをよく知らないのですが
           メタルギアのシステムをボクタイに移行させるとどういった感じになるんでしょうかね?」

 さぐ「もともとボクタイには、壁を叩いて敵を誘き出したりというメタルギア的要素がありましたからね。
        それに、最近ではさほど珍しくも無いかもしれませんが、敵がプレイヤーの存在に気づいていないというのも
        当時プレイした私にとっては新鮮でした。
        他のゲームは、敵がプレイヤーに向かって真っ先にやってくるようなゲームしかしていなかったので。
        これらのほかにメタルギア的要素を加えるとなると…ホフクがまず最初に思い浮かびますが、ボクタイでそれをやるとダサい感じになりそうですからね…
        他には…迷彩服を着るとか…服が自動で周囲に同化するとか…
        あれ、ボクタイにはいらない気がしてきた(

 Northern「ホフクではなく、前転(ローリング)とかなら意外と合うんじゃないでしょうか?
           ボクタイは元々西部劇をイメージして作られた作品ですし
           一部のダンジョン限定でホフクも含めた特殊なステルスアクションが出来たりすると良さげだと思います
           まぁ迷彩服はアルファルのティアラとか言う完全ステルス道具がある時点で必要ないとは思いますけど

  さぐ「ローリングというアイデアはいいですね。
        他にメタルギアから、と無理に考えずにボクタイに合った隠れ方というのがあるかも知れませんね。
        3Dの方からドット絵のゲームに同じシステムを持ってくる事自体難しいでしょうね。
        ステルスゲームには3Dが向いているのでしょう。だから2Dのボクタイはあまり受けなかった…のかもしれません」

 Northern「2Dには2Dの良さ、3Dには3Dの良さがありますからね
           ハードがWiiやPS3と言った家庭機に移るならともかく
           携帯機で3Dのシステムをするのはちょっと難しいかもしれませんね(棺桶ロケットは置いといて)
           さて、最後になりましたが
           今までにさぐさんが出した案をまとめた物が新作として出るとしたら、タイトルはどうなると思いますか?」

 さぐ「最後にかなり難しい質問ですね(
        "
真・ボクらの太陽"とかですかね。最初に漢字一文字というのはGBA時代を思い出させますし、
        (続と新は元ネタがあるらしいですが)真実に迫るとかそんな意味もこめて。
        まぁ、ぶっちゃけあとづけですが(」

 Northern「"真・ボクらの太陽"ですか、略語がどうなるかが非常に気になりますが
           いつか、ボクタイ世界の謎が全て解明する新作が出るといいですね」


「黒砂糖さん作/ボクらの太陽 -真-

 Northern「次は黒砂糖さんとの対話です」

 黒砂糖「初めまして。黒砂糖です。一応ブログとイラストサイトをやっています。
         今回はボクタイ新作についてということですが、私が提案するのは、新からDSへの物語です。
         つまり、トリニティが未来へ帰った後の冒険です。
         (リンゴの若かりし頃の冒険も気になりますがね…)」

 Northern「新のEDの後、トリニティは無事に未来に帰ったと公式でも言ってましたからね
          それにDS版で"時駆ける戦士"やデュマに"偉大なるヴァンパイアハンター"と呼ばれるまでに至った経緯は
          それはもう色んな意味でものすごく興味ありますね
          トリニティが戻った後の冒険となると、当然サルタナ達との関係も描かれるんでしょうかね?」

 黒砂糖「きっとそうなると思います。
         一体何があってトリニティがあんなに強くなったのか、ギルドの仲間たちとの出会いは?
         などが明かされるといいですね、DSの7年前も気になります。」

 Northern「DSの七年前と言うと、確かヴァンパイアの襲撃によってデュマに捕らえられたエレンを救う為
          一人でデュマに挑んだサルタナを助ける為に
          ラタトスクによって負った傷が癒えないままサルタナを助けに行った時期ですね
          その後、ゲーム内でトリニティはその時に死んだ可能性が高いと言われていますが…どうなんでしょうね?
          システム的には、ボクタイDSのようなW主人公制度になるんでしょうか?
          まだ、太陽センサーについてはどうなると思いますか?」

 黒砂糖「そうですね…
          トリニティ&サルタナのW主人公だと何かかっこいいですね。
          太陽センサーの方はGBAスロットに入れられたら楽な感じはしますけど、
          今はDSiがありますからね…
          DSiはカメラをどうにかする、とかいうのはアリなのでしょうか…?
          機械には詳しくないもので。」  

 Northern「DSiのカメラを使用するというのは下で別の方が考察してますね
          結論としては、太陽光をレベル別に感知できるかどうかが最大のポイントになりそうです
          あと、W主人公や太陽センサー以外に導入して欲しいシステム的なものは何かありますか?」

 黒砂糖「システム面だと、太陽センサーありの場合には、
          リアルタイムで太陽光をキャッチできる仕様がいいですね。
          DSは一定時間の間だけだったので…(システム的に可能なのかはわかりませんが…)
          あと、システムとはちょっと違うかもしれませんが、
          ボスのテーマ曲とボス戦の音楽を各ボス固有のものにしてほしいです。
          DSはデュマとポリドリ以外は共通だったのでちょっとがっかりしていました。
          個性豊かなボスとその曲も作品の魅力の一つだと思うので。」

 Northern「やはり自分で太陽光を集めるってのも"ボクタイ"の醍醐味ですよね
          ボスのテーマ曲と言うのも、デュマ戦やポリドリ戦の音楽がとても印象に残る曲だったので
          容量的に可能ならぜひやってみて欲しいですね
          さて、最後になりましたが
          今までに黒砂糖さんが出した案をまとめた物が新作として出るとしたら、タイトルはどうなると思いますか?」

 黒砂糖「"ボクらの太陽-真-"でしょうか。
          なんだかベタでどこにでもありそうな名前ですが、
          新からDSまでをの間を繋ぎ留める、真実の物語…という意味を込めてみました」

 Northern「"ボクらの太陽 -真-"ですか
          新の世界の後、どのようにして世紀末世界から星紀末世界へと変貌していくのか?
          また、トリニティが新の世界で学んだ事がなんだったのかが明らかになる物語だといいですね」



甘党街道まっしぐら


「カインさん作/最・ボクらの太陽」

 Northern「次はカインさんとの対話です」

 カイン「はじめまして、カインです。日々のどうでもいいブログをやっとります。
         さてさて、あなたの考える"ボクタイの新作"との事ですが
         私はズバリ、GBA版ボクタイの続編をDSで出すという案です。」

 Northern「GBAの続編、つまりシンボクの続きと言うことになりますが
           シンボクのラストでサバタがピーしてカーミラもピーになってしまいましたが *1 *2
           サバタはどんな感じで登場すると思いますか?」

           *1………シンボクのラストでサバタは暗黒物質ダークマターを失った為、暗黒銃が使えなくなって戦えなくなってしまった
           *2………ヴァナルガンドを封じ込める為にカーミラは自分ごと石化させ永遠に眠ることになった

  カイン「石化しないラストの方の続きで、太陽銃が使えるようになってる、というものです。
          でもそれだとジャンゴと個性がなくなってしまうんで、ガンブレードのようなものを使って、
          DS版のアクション要素も取り入れるといいと思います。
          あ、FFじゃん、っていうのは無しにしてください

 Northern「あぁ、自覚はしてたんですね
           ガンブレードと聞くと自分はどうしてもドラグ○イドのアイツを思い浮かべますが
           それはどうでもいい話なので置いておいて………
           確かに、サバタが剣を使うといったアイディアには自分も賛成ですね
           シャイアンが斧で戦っていたように、剣なら暗黒銃みたいに暗黒物質を必要としませんし
           ザジが持っていた"
ソル・デ・バイス"で属性も付加できるのでアンデットと渡り合うことも可能ですしね」

  カイン「ストーリーは、地球の方はイモータルの話がネタ切れなので
          DS版みたいに宇宙を敵に回すなんてのはどうでしょうか?
          あとは、流星のロックマンとのコラボ、wi-fiでの対戦化、パズル要素の強化、棺桶バイク、なんかがいいですね。
          太陽センサーが付属(もちろん過去作品とのWスロットも可能)してDSiは遊べないってのもいいかも?
          ただ、シューティングはいりません。
          あれは個人的なトラウマです。」

 Northern「DSiユーザーはどうしろと………、まぁ旧DSこそ至高派の自分には関係ありませんが。
           仮にDSiでもプレイできるようにするとしたら
           やはりギジタイのように仮太陽センサーのような物が必須になるでしょうね
           ただ、それだとわざわざ太陽センサーを使ってプレイする人が馬鹿みたいな流れになってしまうので
           実際の太陽光を取り込まなければ進めない隠しダンジョンとか
           実際の太陽光に比例して攻撃力が上がる特別な武器とかがあると良さそうですね
           で、具体的に宇宙を敵に回すとは、どんな感じのボス戦になると思いますか?」

  カイン「普通の普通ですね。ただ、やはりパズル要素を強くし、DSならではの
          タッチペンやマイクを活用したり、ジャンゴとサバタを使い分けたりするといいと思います。
          攻撃はボタン、謎解きはタッチ!
          それとか、魔法や武器を選ぶのをリアルタイムにし、移動しながら選ぶ臨場感を持たせるのもいいかも。
         FF、FF言わないでください。

 Northern「自分の知っているFFは確かコマンドバトルだったような気がするんですが
         
 個人的にタッチペンやマイクを使用するボス戦は面倒なだけなので勘弁して欲しいですね。
           さて、最後になりましたが
           今までにカインさんが出した案をまとめた物が新作として出るとしたら、タイトルはどうなると思いますか?」

  カイン「"最・ボクらの太陽"です、いろいろな最の意味を込めて。再登場もあって。
          というかぶっちゃけ、ここで言ったこととかどうでもいいんで、さっさと新作出してほしいです」 

 Northern「最後の最後で誰もが思っている黒い本音が出てしまっていますが
           "
最・ボクらの太陽"………早く"最"新作を出して欲しい物です」



妖星乱舞ログ


「こうろやさん作/ボクらの太陽DS ―Die Sonne und die Dunkelheit―」

 Northern「さて、次はこうろやさんです」

 こうろや「参加させていただきありがとうございます。
           初めまして、BoktaiMalenと言うイラストサイトを運営している、こうろやと言います。
           さて、今回のサイエンスのお題は"あなたの考えるボクタイの新作"と言う事ですが
           自分の考える新作は、ゲーム外で太陽の情報を取得する機能を復活させたDS版の続編です」

 Northern「DS版で太陽センサーの機能を復活させるとなると
            当然、DSのカートリッジではGBAのように太陽光を取得できるシステムは出来ないワケですが
            どのようにして太陽光をゲーム内に取り込めばいいと思いますか?」

 こうろや「もちろん1つはDSでもやっていたGBAカートリッジを使う方法です。
           それと、もう1つ新たに考えたシステムで、Wi-Fiを使った天気情報の取得
           これは聞いてのとうり、Wi-Fiに接続して天気情報を取得して、その天気がゲームに反映されるシステムなのですが
           この方法で得られる天気はリアルタイムではなく、機械的な設定の天気なのです。
           まあ結局はギジタイと似たようなものなのですが、ギジタイと違って天気を選べるわけではありません。
           これで太陽センサーを使っている状態に近くプレイ出来ると思います」

 Northern「GBAカートリッジを使って太陽光を認知すると言った案は結構多く前から出てますよね
           やはりファンとしてはあのカートリッジに太陽光を集める形式が一番馴染みやすいんでしょうね
           それと、Wi-Fiで天気情報を取得すると言う案は中々興味深いですね
           ギジタイとよく似たシステムですが、ギジタイとは違って本当に現実とリンクするワケですからね
           太陽センサーのように自分で太陽光を集めている気分だけでも味わえると思います
           ………ところで、そのシステムを踏まえた上で新作のストーリーはどんな感じになると思いますか?」

 こうろや「新作のストーリーはDSの世界の続編です。
            あの後ギジタイは無くなり、実際の太陽も出るようになったはずなので
            シナリオ上太陽センサーと言うシステムも問題ないと思います。
            ストーリーとは少し違うかもしれないですが、太陽を使うルートと暗黒を使うルートを入れようと思います。
            太陽光を使うのはダブルスロットかWi-Fiが出来る環境がないといけません
            それが出来ない人のために、それが必要ない暗黒ルートを用意しようと言う事です」

 Northern「なるほど、そうなると次の敵はやはりデュマですかね?」

 こうろや「そうですね。でも敵はデュマだけではなく、また新たにイモータルが登場する事も考えています。
           そこで、ルートごとにメインとなる敵が変わる事もいいかと思います。
           太陽を使うジャンゴメインのシナリオがその新しいイモータルで、暗黒を使うサバタメインのシナリオがデュマと
           それぞれ別のメインとなる敵を作るとか………もちろんどちらがメインになるかなだけなので
           最終的には両方相手にする事になります」

 Northern「選んだストーリーによって変わる分岐シナリオですね、面白そうです
            デュマとはいずれ決着をつけるとサバタも言っていましたし
            ジャンゴとサバタの性格の違いも、ストーリーに対する大きな深みになりそうですね
            さて、最後になりましたが
            今までにこうろやさんが出した案をまとめた物が新作として出るとしたら、タイトルはどうなると思いますか?」

 こうろや「新作のタイトルは、"ボクらの太陽DS ―Die Sonne und die Dunkelheit―"です
           太陽と暗黒、それぞれ違う道を進む物語と言う事でこのタイトルにします。
           人によってそれぞれ新作の案は違うと思いますが、どんな形にしても新作が出るといいですね」

 Northern「(………タイトル長っ)」



Boktai Malen


「つかささん作/ボクらの太陽〜夜明けの道〜

 Northern「次はつかささんとの対話です」

 つかさ「はじめまして、つかさです。ドット絵サイトを営んでいます。
          今回のお題は貴方の考えるボクタイ新作ですが
          私が考えたのはDS版よりも遠い次代、銀河意思と終わりなき戦いを続ける人々のお話です。」

 Northern「DS版よりも遠い次代となると、当然主人公も新しくなるワケですが
            新主人公やシステム面はどう変化するのでしょうか?」

 つかさ「主人公は太陽の"意思"を受け継ぐ太陽仔の末裔"ジャンゴ"
          古ぼけた太陽銃を操ることの出来る唯一の人間。
          そしてシステム面ではDSiカメラを太陽センサーとして使用することによって取り込んだ太陽光をつけるようにして
          DSではギジタイとダブルスロットのみ。
          つまり、ニンテンドーDSiが更に売れるわけですよ(笑)

 Northern「DSiカメラを太陽センサーとして使用する………ですか。
            一つ疑問な点があるのですが、どうやってカメラで太陽光をリアルタイムで認知するんでしょうか?
            DSiのカメラの設置されている場所を考えると、GBAのように座った状態では太陽光が当たらず
            寝転がるか真上にDSを構えないとリアルタイムで太陽光を感知するというのは無理な気がしますが………」

 つかさ「ニンテンドーDSiにはカメラが外側にしかない、と思いの方が多いと思われますが、
          実は内部カメラなるものが存在します(公式HP参照)
          あれを使って自分の顔も撮ることが可能で、「うつすメイドインワリオ」なるゲームも存在します。
          そして、DSカメラでは人の顔や音も認識可能なので雨の日もwi-fiを使えばリアルタイムで
          なければカメラと音を使うことで天候の変化を起こすことが可能なのです!たぶん。」

 Northern「なるほど、しかしここでまた一つ疑問なのですが
           そもそも、カメラで太陽光を認知する仕組みがDSiのカメラには存在するのでしょうか?
           音を使うことで天候の変化を起こすという話はDS版であったバーストのような感じなので分かるのですが
           実際に太陽センサーのように太陽光を感知できる、といった話は聞いた事がありません。
           任天堂もまさかボクタイ用にDSiのカメラを作ったワケじゃないでしょうし
           そのシステムを実現するとなると、別途にカメラで読み込める専用の器具が必要な気がします。
           しかし、そうなると、DSiの場合はGBAカートリッジがないので
           そう言った専用の器具をはめる場所もないような気がしますが………」

 つかさ「たしかにそれが問題ですよね・・・
          しかし、DSiに太陽センサーがなければ本当にボクタイの新作の希望は絶たれてしまいます。
          ここで終わってもあれなので、そこで考えたのが、少し大きくなってしまうけども
          DSのカートリッジ本体を拡張して太陽センサーを取り付ける、なんてどうでしょうか?
          そうすればDSでもDSiでもボクらの太陽がプレイ可能となります。
          ボクらの太陽の新作はハードの進化で変わってくるのではないでしょうか」

 Northern「DSのカートリッジを大きくして太陽センサを取り付ける、ですか
            自分も似たようなことを考えた事があるのですが
            DSのカートリッジの薄さ的に何かにぶつかった拍子に折れてしまう可能性が高いんですよね………
            しかし、DSのカートリッジと太陽センサーを繋ぐ事が出来て、折れる心配が解消されれば実現はありえますね
            それに、世界観を変えたボクタイの新作はいつも新ハードで出ていますし
            仮にDSiで新作がでなくても、いつか新ハードで続編が出る事を期待しようと思います
            さて、最後になりましたが
            今までにつかささんが出した案をまとめた物が新作として出るとしたら、タイトルはどうなると思いますか?」

 つかさ「ボクらの太陽〜夜明けの道〜
          人間と銀河意思の終わりなき闘い、その果てにある道、それは闇への道か、光の道か、
          おそらくジャンゴや人間は夜明けの道を選ぶのではないだろうか
          と思ったのでこのようなタイトルがいいと思いました。
          光が影を生むように、闇を消しても意味はない、
          だからこそ・・光を消してこの終わり無き戦いに終焉を迎えるのではないか、と思ってます。
          光というのはつまり、ジャンゴたち、戦い続けるもののことを指しています」

 Northern「光を消す、ですか
            今までのボクタイと違ってダークな感じがするタイトルですね
            小島監督は毎度作品に対するアイディアが凄いので
            光を消すとなると、今までのボクタイとは一風変わった作品になりそうです」




はぐるま


「cillventさん作/ボクらの太陽 〜星の戦士たち〜」

 Northern「次は以前にも参加した経験があるcillventさんです」

 cillvent「始めまして、cillventです。なんかよくわからないサイトを一応運営しております。
           えっと、俺の考えたボクタイの新作は、DS版のギルドの設定やキャラチェンジシステムを発展させた
           完全新規のチーム戦。というものです。」

 Northern「チーム戦と言うと、DS版のようにセレクトで使用キャラが変更できると言った物ではなく
            具体的にはテ○ルズとかみたいな感じの味方が自動で動いてくれて一緒に戦えるシステム………
            あるいは某メタルなギアでソリッドのオンラインチーム対戦のような物ですか?」

 cillvent「いえ、DS版のようなキャラチェンジですね。
           それぞれ特性の違う仲間を数人連れて状況に応じてチェンジという感じでしょうか。
           主人公は銃キャラ固定。ああ、でも味方が自動で動くというのも面白いですねえ(
           とりあえず、DS版の複数キャラを使い分けるという感覚が好きです。
           特定のキャラしか通れない道というのもあったら……。」

 Northern「特定のキャラでしか通れないってのはやりこみ要素を増やす意味でもいいですよね
           個人的にDS版のギジタイギミックみたいに
           "特定の天候でも条件が満たされていなければダメ"みたいなのはさすがに勘弁して欲しいですが」

 cillvent「そうですねw
           あと、そうですね。やはりロックマンシリーズとコラボはあってほしいですねえ。
           ミニゲームはもっと難易度の低いものを。ここでもキャラチェンジを。
           星霊獣+キャラチェンジのてんこ盛り感を(
           武器はDS形式よりもGBA形式でより自由度高く。
           武器チェンジ+キャラチェンジでオリジナリティを(
           ストーリーは……ええと……どうしましょう。正直、システム的なところにしか頭が回ってなかったですわ
           また全然違う話を始めたらいいんじゃないかな!(」

 Northern「それ、容量と開発スタッフの労働力がきわめて深刻な事になりそうですね
            ただ、個人的にも操作できるキャラクターをもっと増やして欲しいって案には同意です。
            色々な仲間を使い分けて戦うって言うのは
            シンボクのEDでジャンゴが言った"伝承の戦士"の話にも通じますしね
            そうなるとストーリーもゾクタイみたいに仲間達との繋がりを重点においた作品になるでしょうね」

 cillvent「まあ、これはあくまで俺の妄想ですんで
           やるとしたらスタッフさんとかには死ぬ気でやってもらう必要が。ダーク化とかの復活もしてほしいですし。
           伝承の戦士……俺が適当に吐いた妄想が思わぬところでボクタイとのつながりを。
           いや、考えのベースはDS版ですけどもね?
           一緒に戦闘に参加する仲間との繋がりというテーマは、ボクタイシリーズの雰囲気では面白いことになりそうですね」

 Northern「DS版の大きな長所の一つとして、ジャンゴとサバタ、主人公だけの戦いを描いただけではなく
            ゾクタイのEDのように、新市街や星喰バイロンを通して
            ギルドの仲間達が一緒に戦っている背景がよく写されていたのが良かったと思います
            さて、最後になりましたが
            今までにcillventさんが出した案をまとめた物が新作として出るとしたら、タイトルはどうなると思いますか?」


 cillvent「"ボクらの太陽 〜星の戦士たち〜"
           ふと頭に浮かびました。DS版とのかすかな関連性をば。LUNAR KNGHTSとも意図せずかかりました。
           少なくとも、こんな妄想をしてしまうほどには、新作を心待ちにしています。」


 Northern「"ボクらの太陽 〜星の戦士たち〜"ですか
             ボクタイのテーマである生命の大切さ、仲間達との繋がりは、いつか出るであろう新作………
            いや、きっと出るはずの新作でも描かれているといいですね」




cillventの生きるところ。


「ひょろばさん作/ボクらの太陽〜もう一つの未来〜

 Northern「最後はひょろばさんとの対談です」

 ひょろば「どうも、特に考慮すべき点はないひょろばです。
           今回のお題はあなたの考えるボクタイの新作との事ですが
           自分が考えたのはシンボクとDSの間
           つまりジャンゴたちの消息、そしてDS版へと通じる"何かの出来事!を取り上げた話です。」

 Northern「シンボクとDSの間の世界、その"何かの出来事"とは具体的にどのような?」

 ひょろば「ジャンゴやサバタを倒す何か、つまりおそらくその当時のデュマやポリドリの  
           襲来、そしてギジタイによる地球の支配まで、ですかね。
           なんか具体的じゃないかもですが(」
 Northern「あれ、確かDS版ってジャンゴがサバタによって墓地に封印された後
           トリニティが未来からタイムスリップしなかった為
           闇の封印が掛けられた墓地から抜け出せなかった世界だった気がしますが………
           まぁ、仮にそうだとしてもその後ヴァナルガンドと化したサバタがどうなるのかは気になりますね
           確かギジタイによる支配はDSの七年前の話になりますね」 

 ひょろば「えっと、自分が考えていたのはシンボクの後、なのでジャンゴが抜け出せた時の未来です。
           DSジャンゴ自身が父親(トリニティ)が伝説の戦士を知っていた、ということを言っていた気がしますし、
           エドガーとヴァージニア曰く、"伝承の太陽少年"と"伝承の暗黒少年"とかいう話ですし。
           一応白Aで考えても良いですよね?でその後の話です。」

 Northern「確かDS版は"シンボクでジャンゴが復活しなかった時のパラレルワールド"で
           シンボクの世界のあとの物語ではなかったような気がします。
           DS版のトリニティが伝承の光の戦士を知っていたのは
           シンボクの後にDS版の世界へ戻って、成長したトリニティだからだったと思います。
           DS版のWi-Fi通信で配布されたメールに"子の名前に弟子の名前を付けた"と言っていましたので
           でも、そうだったとしても確かにシンボクの後、ジャンゴ達がどうなったのかは気になりますね………
           パラレルワールドと言うことは、もちろんシンボクの後の世界もあるワケですし
           では、世界観はこのぐらいにして、新作で入っていて欲しいシステムなどは何かありますか?」

 ひょろば「やっぱり続タイの時のように黒ジャンゴの復活が良いです。
           トランス・ダークにしたのはもったいないと思います。
           後スピアやハンマー、そして何より徒手空拳の復活を望みます。
           後スキルシステムとか。
           今自分が思いつくのはそれぐらいですかね・・・」

 Northern「徒手空拳とはマニアックな………。
           黒ジャンゴ的な存在は一応ダークサバタとしてありましたが
           太陽仔であるジャンゴが闇の力を使うという演出は世界観的に凝った物でしたね
           スキルシステムは自分の好きな武器で戦えば戦うほど極めて強くなっていくのが上手く表現されてましたね
           さて、最後になりましたが
           今までにひょろばさんが出した案をまとめた物が新作として出るとしたら、タイトルはどうなると思いますか?」

 ひょろば「やはりDS版のパラレルワールド、ということで
           "
ボクらの太陽 〜もう一つの未来〜" とでもいった感じでしょうかね。
           シンボクの最後にも太陽と暗黒、二つの未来、とありましたし。
           どちらが太陽でどちらが暗黒かは考えてませんが。
           ちなみに英語にするのも考えたんですがやはりそこは日本語の方がいいかなと」


 Northern「"ボクらの太陽〜もう一つの未来〜"ですか
           DS版ではギジタイによって永遠に明ける事のない夜、閉ざされた未来がメインでしたが
           シンボクの後、ヴァナルガンドを倒し
           太陽を守り抜いたジャンゴ達の未来がどうなっているのかが見物ですね」


「???

 Northern「いやー皆さん良い妄想っぷりですね!!」

 ジャンゴ「人の意見を妄想の一言でで片付けるかおのれは!
           って言うか結局人の意見を聞いて難癖つけてるだけで自分の意見は何も出してないじゃん!!
           もちろん、新作のアイディアは考えているだろうね?」

 Northern「HAHAHA………も、もちろん。」

 ジャンゴ「まさか"
ボクらの太陽外伝 -二人の太陽少年-"とか言わないよね?

 Northern「それはむしろ記憶から消し去りたい

 ジャンゴ「(あっさり否定した………)」

 Northern「そうだな………やっぱり続編が出るとしたら携帯機の新型かWiiだろうな
           今までのボクタイの歴史からすると携帯機の新型が出れば流れに乗って新作も出そうな気がするし
           Wiiなら小島監督が好きな3Dで出せる
           おまけにうまく宣伝すれば"
まさかの任天堂機種でMGSの流れを汲んだ小島監督作品が登場!"みたいな感じで世間の話題も集まるだろうし
           そう考えると、無理して携帯機で出すよりも、家庭機で出す方が一石二鳥な気がするな
           個人的には、3Dに路線変更するよりもハイクオリティの今のドットでやって欲しい気持ちもあるが」

 ジャンゴ「ストーリーは?」

 Northern「携帯機で単純な続編を作るなら、やはりGBAの続編を一度作るべきじゃないかなぁ
           DS版も個人的には捨てがたいけど、今の状況で出しても旧作までのファンは戻って来ない可能性が高いし
           今後も続編を出すつもりなら、いったん路線を世紀末世界に戻した方がいいかも?
           ボスなら北欧神話からいくらでも引っ張ってこれるしな」

 ジャンゴ「ボスって、例えば?」

 Northern「"思考"を意味する"
フギン"や"記憶"を意味する"ムニン"辺りは世界観を盛り上げるキーとして使えそうだな

 ジャンゴ「じゃあ、タイトルは?」

 Northern「………"
甦・ボクらの太陽"とか?甦生って意味で。」

 ジャンゴ「(うわぁ………)」

 Northern「やめて!無言の圧力やめて!!」


トップページへ戻る

inserted by FC2 system